やっぱり、年齢的に30代を超え、そして40代近くになるとどうしても体型が崩れてきてしまいます。

若いときって、結構どんなファッションでもそれなりに着こなせる自信があったけど、今はそうもいかなくなりました。

それに中年太りのせいか体型も完全ぽっちゃりになりましたし。

そうなるとどんな服装をすれば良いのかさえ分からなくなっています。
そんな女性は多いと思います。

そこで、着痩せしてみせるテクをいろいろとトライしてみることにしたんです。

だって、スタイルがよく見えれば自信もつきますから!

まず、足が太いとかいわゆる下半身がぼってりした体型をカバーしたい場合、意図的に人の視線を上に集めることがポイントです。

それのためには、トップスにアクセントをつけることとして、帽子やスカーフ、大きめのネックレス、フード付きのアウターとかで視線を上にむけさせるようにしてみましょう。
加えて、首、手首、足首などは隠さずに、思い切って露出する方が、逆に細く見えるようになります。

体型のコンプレックスってついつい隠してしまいがちですが、しっかりと出した方がいいのです。

その方が、ボリュームあるスリーブのトップスや、テーパードパンツとかを着こなせるようになります。

あとシルエットも大事!コーデ全体のシルエットを逆三角形になるようにします。
トップにボリュームをもたせ、ボトムはスリムというわけです。

そのために、トップスは思い切って、ボトムにインしちゃいます。また、ワイドパンツは、着痩せコーディネートには欠かせません。

他にもトップスをオフショルダーにしたりすると結構着痩せする服になるんですよ。

袖のフリルも実は二の腕カバーにもなるので、着痩せして見せられます。

身体が太いとつい隠しがちです。

でも、たとえば下半身全体が太い場合などはパンツスタイルではなく、ロング丈のスカートなどの方が下半身をカバーしてくれます。

そんなときに役立つのが、スカンツです。

まぁ、ワンピースも着痩せファッションですよ。
チュニックタイプではなくて、ワンピースです。

さらには小物とか靴とかでも、痩せて見せられるのです。

なのでそのへんのことはいろいろとトライし見るのがいいと思います。
それにネットで着痩せする服が買えるサイトを見つけたので、参考にするようにしています。