太って見えるっていうのは、体型的に、肩幅が広い、胸が大きい、お腹周りや背中の肉が目立っているといったものを隠すがためにどうしてもサイズの大きなものを着るために起こるわけです。

たとえば、上半身がぽっちゃりな場合もありますよね。
私もそうですが、胸が大きいゆえに太って見えるという悩みを持つ女性は多いはずです。

バストの大きさをおさめる身幅を取る服を着ると、どうしても太って見えてしまいます。これは肩幅が広い場合も同様です。

どうしてもボリュームを取る場所から、服がストンと落ちてしまうので、見た目が寸胴に見えてしまうわけです。

ボンキュボンにならないわけです。(;_:)

いわゆるメリハリがないスタイルになります。これって悲惨ですよね。

ということで、そんな場合の着痩せコーディネートをリサーチしてみました。
まず、素材としてはストレッチの効いた伸縮性の強いカットソー系は、どうしてもボディラインにフィットしてしまうので、ぽっちゃりさんの場合、下腹や腰回り、背中にピタッとしてしまい、太っている部分が目立ってしまいます。

で、対策としては、大きめのVネックがいいみたいです。首元が詰まっているので太く見えることを回避できます。

要するにデコルテを出すことで詰まり感がなくなるというわけです。また、ボウタイブラウスとかもいいようです。というのは、体のセンターラインを立体的に縦にすっとしたポイントができるので、中央に視線がより、膨張を防ぐというわけです。

他にも鉄板のウエストベルト付きのアイテムです。ウエストが膨張して見えないようにしてくれます。困ったときのウエストベルトです。しかも、裾が広がるために、その分足が細く長く見えちゃいます!

こんな感じとかがいいようです。

あとどうしても年齢的に首周りを露出したくない場合、首を出しすぎない立ち襟、スタンドカラーがいいです。

まぁ、勉強方法としては、多くのコーディネートを観ることが大事です。別にファッション雑誌とか買わなくたって、今はネット通販でたくさんコーディネートを見せてくれているのでマメにチェックしてみるといいですよ。

考えてみたら、太っていたり、胸が大きいのは、どうしようもありません。ダイエットすればいいわけですけど、簡単には出来ません。

そこで、体型カバーのためにはあくまでもコーディネートで着やせして見えるようにするのがいいわけです。