太ってくるとどうしても自分の身体の太い部分を隠そうとしてしまいます。

そのため着る洋服や新しく購入する洋服も、ついついダボッとしたデザインのものになってしまいます。

私としては、太い体型を隠せればと思って、そうしていたんです。

けど、それは誤りだったってことに気づきました。

というのは、たまたま高校の同窓会にでたときに、以前は、私よりも確実にぽっちゃりだった友人と久しぶりに再会したのですが、その彼女が、なんだか細く見えたんです。

会ったのは、4年ぶりくらいです。その間に、ダイエットしたのかと思い、聞いてみるとダイエットはしていないって言うし。

それで、「痩せたよね」って聞いたら、彼女が「できるだけ着痩せするような着こなしをしている」て教えてくれました。

着痩せするコーディネートとか、私的には、まるで考えたことがなかったので、びっくり!!

気になっていろいろと聞いてみると、洋服は組み合わせるアイテムとか選ぶ色とか柄、デザインの選び方で、太って見えたり、痩せたり見えたりするそうです。

それで、ぽっちゃり体型だけど、着こなしでそうは見えないようにしているのだと言うのです。

それから、私も着痩せして見えるコーディネートとかを研究してみることにしました。

そうすれば、私ももう少しオシャレ感のある服装ができるのかもしれないと思えましたから。

その友達が言うには、少しでも痩せて見えるコーディネートや着こなしができれば、見た目もオシャレ感が出るし、センスが良さそうにも見え、なおかつ着痩せしてみえることになるんだと言っていました。

実ははずかしながら、私には痛い経験がありました。それは太っているにもかかわらず、しかも年齢を度外視し、タイツ込ですが、ミニスカートを穿いた事がありました。

そのときには、夫からも白い目で見られていましたが、ファッションは自分の感性で着るものだと思い、まったく気にもしませんでした。

でも、会社で仲の良い同僚から、なんか「生々しい」って言われて。別に変な意味ではないけど、太めの人のミニスカは、どうにも露出面積が広くなるので、生々しいんだそうです。

それ以降、身の程知らずのおしゃれはやめたんです。

要するに、似合ってないお洒落をしていたわけですからね。

そんなこともあり、私は真剣に着痩せして見えるオシャレを研究していきました。